読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gramophone

だぁ!だぁ!だぁ!について、こっそりと。

時間軸操作ものは面白い。

私はループ(リープ)ものが好きである。
のっけから好みの話をして申し訳ないが、タイムループ*1もの、タイムリープ*2ものは、ごくごく平凡な日常が実は…という裏事情がある展開が大好きなのでループ・リープものが好きなのだど思う。たぶんそれだけでなんか深い感じの演出になってるのにオタクは落ちるんだよ…。
まどマギ時かけ、シャーロット、ひぐらしうみねこの鳴く頃にとか、仮面ライダー龍奇、火の鳥の異形編、うる星やつらもループ・リープやっていたと思う。Fate英霊達はループしてるようなものだろう。
私の記憶にある中でこれだけ上がるので、きちんと調べたらもっとあるんだろうな。
だぁ!もモン吉タイムリープしてるし。モン吉が出て来た辺りから一期ラストを考えてたのならすごいなぁ、アニメスタッフ。あれ、モン吉アニメに出る頃って百人増殖もう原作であったけ…。


まぁ、今回言いたいところではないので後で確認するとして、
イムループの良さというか個人的萌ポイント二つを挙げたいと思う。
あ。
話が前後するが、今回は私がループ萌!!!を語っているだけなのでだぁ!の記事を期待していたら申し訳ない。
この記事には今後出てこない(苦笑)

さて、ループの萌ポイント。
①孤独が生じること。
②過去に戻ることで得るものもあるが、失うものもあること。
(そういう意味では名探偵コナンも過去に戻っているような感覚になる)

分かりやすいのがまどマギなので例にあげて語ってみる。
劇場版寄りだが、ネタバレばかりなので注意を。


大筋は魔法少女、暁ほむらは親友まどかを助けたいがために何度も何度もループする。
何度もループを繰り返す内にどじっ子眼鏡だったほむらはクールキャラになる。ループしている時間の中では誰よりも物知りになっているし、先読みすらできる存在だ。けれど、何度もまどかを失う現実に直面するし、何度か魔法少女の友達を作り直す体験をしている。
人間関係の構築も繰り返されるのだ。
だからループ以前の記憶を持っているのは自分一人で、ループして経験したことは誰とも共有できない。そして、自分の経験してきたこと、目的、思いを話しても信じてもらえない。
結果、ほむらは一人でどうにかしようとする。他者に頼ることを諦めた少女が抱えるのは、そう、孤独である。
この孤独を抱えつつ頑張る姿が私は好きだ。
こうなってくると、一人でもがくので思考は狭くなり、独り善がりに。解決へは程遠くなる。もし解決策にたどりついたとしても、それは当初の目的のものだったのか、周りも求めているものなのか、わからない。もしかしたら相手ではなく自分のエゴで動いているかもしれない。(まどマギのきっかけはまどかの願いだが、最新の劇場版はほむらのエゴ。)
あるいは現状の自分が救われたい為の解決策かもしれない。(FateUSTのアーチャーがそんな時があったと思う)
この錯乱しかねない危うい状態で自分の信念を貫こうとする姿が大変美しいと思うし好きだ。

再びまどマギの話しに戻るが、ほむらはループしている世界ではドジっ子からクール美少女に変身する。
爆弾の作成や銃の使い方、数学の計算など、できなかった事ができるようになっていく。
これは大抵の人が思う人生やり直したい、経験済みの事は正解が分かっているから正しい、または理想の行動がとれるはずだ、というものを叶えている。
これは彼女が得たものだと思う。
一方で彼女はループを繰り返すことで思い出の共有ができずにいる。
これは彼女の失ったもの。彼女が孤独になる理由でもあるが、自分だけがわかっていて、他者に理解されない。これは人間において苦行だと思う。
この分かってもらえない、と苦しむ姿も大変素敵だと思うのだ。

まぁ、ループものにもパターンがあって、私が述べたのは主人公が苦労するパターンのだが、ループして主人公が成長したり、主人公がループの問題解明したり(この場合他のキャラが苦労や成長することがあり、前述が一つになっている)、主人公がループを楽しんだり(私は前述の全てを通り越した末に楽しむタイプの主人公ものが一番好きだったりもするが、それは狂ったキャラになりそうだ(笑))…と、色々と奥が深いところだ。


まぁ何が言いたいってループ最高!!!
時間軸操作があると楽しいね!!!!!


追記
本当はこの記事の序文の予定だったのだ。
思いのほか長くなったので分離。

*1 物語の中で登場人物が同じ期間を何度も繰り返すような設定もの。半永久的に反復される時間。
*2 タイムトラベルと同義。通常の時間の流れから独立して過去や未来へ移動すること。
Wikiより抜粋。